1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

B’zの楽曲分析、解説を中心にしたブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

Category: 用語説明

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

コードの読み方
前回、メジャーコードとマイナーコードの違い、について書きましたが。
今回は、その補足。


今回は、読み方を見ていきましょう。

C→Am と表記してある場合、これは何と読むのでしょう。

正解は、シーメジャー → エーマイナー


まず、CとAについては、音名の回に紹介した通り、
読み方はそのまま(シーとエー)で、ドとラの音を指します。

で、問題なのが、Aの横にはmらしきものがついてるが、
Cには何もついてないじゃないか?って所です。


小文字のmが横についてる場合は、マイナー。
大文字のMが横についてる場合が、メジャーとなります。


『いやいや、ついとらんがな!』 等と、つっこまないで下さい。

付いてるんですが、省略されているんです。


誰が最初に、略したかは分かりませんが、
最もメジャーなメジャーとマイナー2つのコードは、
メジャーが故、 『メジャーコードのメジャーって、いちいち書かなくていいんじゃねぇ?』
って事で、省略されてる分けです。

ゆえに、

C (シーメジャー)   = ドの明るい響きのコード。

Am (エーマイナー)  = ラの暗い響きのコード。  という事になります。



メジャーコードは、『横に何も表記しない』、『大文字のM』 以外にも、『横に△』、『Maj』等、
ありますが、後者の3つは、メジャーコード単体を表す時に使う事は、ほとんど無いかと思います。
(4和音以上になると、色々と表記が複雑になるので、頻繁にしようされる。)

ちなみに、大文字と小文字に分ける理由は、Major(メジャー)とMinor(マイナー)の
頭文字であるMがかぶっているため、差別化を図ったものと思われます。


音楽をやっている人には、当たり前すぎる事だし、
それ以外の人には、覚えておく意味あるの?って事だけども、
自分に必要と思える記事だけを、読んでいただければ幸いです。



テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。