1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

B’zの楽曲分析、解説を中心にしたブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

Category: 用語説明

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

コード
妹:『お兄ちゃん、コードって何?』

兄:『ギターとアンプつなぐ奴じゃね?』

うん、間違いではないですな。

本日はそっちのコードでは無く、音が重なってるあれです。
(ちなみに、ギターとアンプをつなぐコードの事は、シールドと呼びます。)


まず、『コードとは何か?』です。

簡単な話、2つ以上の音を重ねたものをコードと呼びます。
(日本語では和音。)

基本的に使われるのは、三和音(3つの音を重ねたもの)。
それを、トライアドと呼びます。


トライアドには、構成音(音の重ね方)があり、何でも3つ音を重ねてOKとゆうわけでありません。

トライアドには、いくつか種類がありますが、
その中でも、コードの基本とも呼べるものが2つあり、音の重ね方で、
メジャー』 と 『マイナー』 という2つのコードを構成する事が出来ます。


メジャーコードは明るい響き、マイナーコードは暗い響き。

人それぞれ感じ方、捉え方は違いますが、コード単体ならこのまま覚えてもOKです。



しかし、『ギターとかって、3つ以上の音を弾いてないか?』 と思われる方もいるかと思います。

それは、構成音が3つであって音の数が3つでは無いからです。

例えば、ド・ミ・ソ の3つの音の上に、1オクターブ上のド・ミ・ソ が重なっていて、
6つの音になったとしても、トライアドと言う事になります。

オクターブ下だろうが、同じ音だろうが、オーケストラで100個音がなっていようが同じです。



コードにはこれら以外にも、トライアドの変化形、四和音、更に音を加えたもの等、様々ですが、

・基本となるコードは、メジャーとマイナー。 

・メジャーは明るく、マイナーは暗い。


 この2つをとりあえずは、おさえておきましょう。






テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。