1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

B’zの楽曲分析、解説を中心にしたブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

Category: 用語説明

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

音名
まずは、音名。

『AとかFとか何だよ!』
という方も、おられるかもしれません。

『英語だし、コードの事だろ。』
と、なんとなく理解されてるかもしれません。


単純に言えば、皆さんご存知の 『ドレミ…』 の事です。
ドレミは実は、イタリア語で、
アルファベット表記は、英語。


つまり、
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ を英語にすると、
C・D・E・F・G・A・B になるわけです。

ちなみに、日本語では、
ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ

ドイツ語では、
C・D・E・F・G・A・H (ツェー・デー・エー・エフ・ゲー・アー・ハーと読む。)


Pop,Rock,jazz等では英語、
クラシックではドイツ語、日本語が多く使われるようです。


前回の場合は、進行についての説明だったため、
全体の進行で書いた、Aメロ→Bメロ→Cメロを
A→B→CⅡ の用に表記しましたが、この場合のアルファベットは、
分かりやすいように簡略した、記号のようなもの(音名では無い)だと解釈してください。


『サビの中の進行』 などと書いてある場合、
A→B→C と書いてあれば、
Aコード→Bコード→Cコード の用に、コード進行とゆう事になります。

アルファベットが出てきた場合、それが、
コードなのか、単音(一つの音)なのか、
それとも、音では無いのかが、分かればOKです。


とりあえず、イタリア語→英語への変換ができたら、音名はクリアです。





テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。