1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

B’zの楽曲分析、解説を中心にしたブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

Category: 楽曲解説

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

GREEN(中)
5曲目『SURFIN' 3000GTR』

グループ・サウンズをハードにしたような楽曲。

『FRICTION』『DIVE』『long time no see』など…

この曲辺りから同じようなアプローチを取り入れるようにもなっています。

良い意味で騒がしい曲ですw

これも、ねらいすました打ち込みドラム。

この手の楽曲で生だと古臭くなるといった考えも、当時はあったようです。


6曲目『Blue Sunshine』

前曲とは打って変わって、ポップ色の強い明るい曲。

シンプルなコード進行に、分かり易い歌メロが特徴的。

オルガンが聴きづらい(聴こえん)かもしれませんが、コード感を出し隙間をうめる役割も補っています。

暖かみや、厚みを出すのにも一役買っています。

ギターソロはテクニック云々を抜きに、自然な流れで楽曲全体に対し良いバランス。

今までの曲の打ち込み色が強かったので、全て生音な感じ、ストレートな楽曲が良いやね。


7曲目『ultra soul (Alternative Guitar Solo ver.)』

説明不要の楽曲でしょうか?

打ち込みドラムの多いアルバムですが、唯一の4つ打ちです。

ハードロックでダンサブルで、歌謡的なメロも見られて、キャッチーで盛り上がる開けたサビ等等…

世界中どこを探しても、有りそうで無かった楽曲では?

エフェクティブなヴォーカル、コーラスワークも凝っていてます。

ベースも(エフェクト?)ドラムに合わせ変な音w

シングルとの違いはギターソロ、正確には全編弾き直してます。

Aメロバッキングの追加、ギターソロ、ソロ後のヴォーカルとの掛け合い部分の違いは聴いての通りです。

ギターソロ前のスラップが印象的ですが、普通のベースの上に重なってるので、ベースが2本状態です。

『2011ではどうなるんだろう?』な部分の1つでもあります。


8曲目『美しき世界』

何だかフワッとした感じの曲。

ドラムに限らず打ち込みを多様してますが、機械的とは真逆なイメージ。

ピアノ、アコギのおかげもあり、ヴォーカルのリバーヴ(残響)が薄めなのも要因の1つ。

リバーヴ(もしくはディレイ)が薄いほど、生々しく歌声が聴こえると思います。

ファルセットを使う必要の無い音域での、唄い方も特徴的です。

難しいコードは使ってませんが、セブンス、分数コードなどを用い綺麗に進行していきます。

ハードな楽曲の間に、こういった曲を挟む事で、アルバム全体の印象や流れが結構違う。

B'zのアルバムの中には、楽曲のタイプは違うがよく見受けられます。

アルバムのオアシス的?なとこです。

GREEN(後)へ続く…

テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。