1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

B’zの楽曲分析、解説を中心にしたブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: 楽曲解説

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

GREEN(前)
日差しの強い暖かい日でした。

車の中は暑く窓を開けっぱなし。

そんな日に聴きたくなるのは『GREEN』だったりします。

久しぶりに全体を通し集中して聴いたので、『GREEN』アルバム解説をしたいと思います。

1曲ごとの完全解説となると長くなるので、端的な感想の様な形にさせてもらいます。

後々この中の1曲に注目した解説もできたらと思ってます。


まず1曲目『STAY GREEN ~未熟な旅はとまらない~』

フェードインでの静かな始まり方はアルバムの導入としての効果が感じられます。

リフが骨子となるこの楽曲、Bメロ以外ほぼリフの上(同じコード)に重なる作りになっています。

それゆえ、熱いですが淡々としたイメージの全体に対して、Bメロで強く動きを感じます。

あと、サビのシンセは気付いてない人も多いかも知しれません。

サビでピコピコいってるんで音量を上げて耳をすましてみましょう。


2曲目『熱き鼓動の果て』

出だしサビ部分から、超王道コード進行で始まるこの曲。

注目するのは、サビの明るいイメージからガラッと変わるAメロ。

同主調転調を使ってます。

キーAメジャー(サビ)からAマイナー(サビ以外全て)へ。

サビではまたAメジャーへ戻る。

理論的なことは分からなくて良いですが、なんか雰囲気が変わったと思えれば、それが転調です。


3曲目『Warp』

イントロの開放弦を使ったギターのコードワークが印象的。

複数のギターで、普通なら少々うるさく感じる重ね方も、何故かすんなり聴けるのがB'zサウンド。

ポップな曲調でこういった音作りをしちゃうのがすごいなと思う。

ドラムも、もうちょっとおとなしめに作っちゃうのが、今の多くの音楽に言えることなんだけど。

正直、最近の音楽の多くは小奇麗でつまんないサウンドがたくさん…
(耳障りは良いんでしょうけど、ダイナミックさに欠ける気がしてます。)

この曲も語りだすと長いんで、印象的だったところを1つだけ。

ヴォーカルのエフェクト(ディレイ)が案外強く感じました。

皆さんエコーは知ってると思います。

実際はエコーって言葉は間違いなんですけど、それっぽいものがかかっているのは分かると思います。

全てのパートに基本エフェクトはかかってるんですが、

ヴォーカルの曲ごとのエフェクトの違いに注目してみると面白いかも知れません。

パートごとに変わっていたり、強調したい所だけエフェクトを無くして、前に出したり…

それぞれ全てに、狙いがあります。


4曲目『SIGNAL』

前曲から一変して、マイナー色の強いイントロから入ります。

今までの3曲全て打ち込みドラムが所々使われていましたが、全編ドラムは打ち込みになります。

打ち込み+多重録音されたエフェクティブなギター、さらにシンセが重なり独特な世界観を作り上げています。

全編マイナーではなく、サビの頭にメジャーコードを持ってくる事で切なさや、あたたかみも感じられます。

この曲を始めて聴いた時に1番驚いたのがギターソロでした。

音数が極端に少ない。

当時まだ、ギター馬鹿だった僕には物足りなく感じたのを思い出します。

小節の頭からなかなか入らないもったいぶった感じ。

間の生かし方やタメの部分。

強弱やヴィブラートなどのニュアンスの付け方。

速いフレーズより、ゆったりしたフレーズの方がごまかしが効かないので実は難しい。

『年取るとこんなんも良いね』と思えるソロでした。


書き足りない部分も多いけど、こんな解説もありかなと。

新曲があってもマイペースな当ブログ。

そこんとこ、ヨロシクです。

GREEN(中)に続く…

テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。