1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

B’zの楽曲分析、解説を中心にしたブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: 用語説明

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

あてふり
当て振りのお話。

当て振りとは、楽器を弾いてるふりをする事です。

口パクの楽器ヴァージョンと言うと分かり易いかしら。

テレビの音楽番組では、ほとんどが当て振りです。

口パクは叩かれるのに、当て振りは叩かれる事が少ない、

そう感じるのは僕だけでしょうか?


当て振りをするのには理由がいくつかあります。


テレビ番組にアーティストが出る理由の大半はプロモーション、CDなり音楽の宣伝です。

実際のCDと、生の演奏では別物になってしまいます。

CDの再現は、技術的(演奏技術ではない)に難しいんです。

それじゃCDの宣伝としてはだめじゃないか。

そんな理由。


生放送の場合は、演奏や機材のトラブル、

セッティングに時間がかかる、
(楽器ごとにマイクを立ててPAで調整して…)

そういった理由もあって、当て振りなわけです。


当て振り=アーティストが悪いわけでは無いって事、理解していただけたでしょうか。



こっからが本題。

『それは無いんじゃないかい!』

そんな事例をいくつか。


まず、ライブ形式で観客を入れている番組。

無料で観覧なのはいいんだが、見に来てる人全員が、『当て振り』を知ってるだろうか。

音楽を始める前の僕じゃあ、絶対分からない。

お目当てのアーティストが出てきて、大はしゃぎの人も見受けられる。

ライブのごとく(というかライブのつもり)で手やら頭を振る輩まで…

ヴォーカルが唄ってるなら、他は弾いてるふりでも良いのだろうか。

本物見れたらそれでOKじゃあ、悲しすぎる。

知らないで観たから幸せなのか?

それとも全員知ってるのか?

なんかちがうよね。

『ライブ形式でやってはいますが、テレビ番組なので、生演奏ではありません。』

観覧の注意に、そう書いておけ!


次に、大晦日の某国民的音楽番組。

これは生だから仕方ない。

それも分かるが、何だか晴れ舞台でふりって悲しくない。

まあ、最近はたいしたメンツもほとんど出てないし、演奏する側も気にしてないのかもね。

でもテレビの前のお年より、アーティストの親御さんらは、実際に生で弾いてると思ってるのでは…

詐欺とまで言わんけど、どうしようも無いんでしょうかねえ…


個人的に1番がっかりなのが、好きなアーティストの当て振り。

新曲のプロモーションには、生演奏は期待してません。

ただ、往年の曲を生放送でも無いのに、当て振り。

ガッカリします。

1つの例を挙げさせてもらいます。

僕はTUBEの春畑道哉さんのギタープレイが好きなんですが、

テレビで見かけるのは、夏に往年のヒット曲を演奏するTUBEの姿です。

毎年の様に同じ曲。

それが番組サイドのリクエストなのは、100歩譲って許しましょう。

でも、それが当て振りだったりする。

ヴォーカルのイメージが強すぎて隠れてるかも知れませんが、演奏力の高い本物のプロなんです。

弾く事を嫌がる事も、臆すことも無いベテランに、昔の曲を当て振りをさせるのは失礼だし、ファンにも失礼だ。

ギターの当て振りを見分ける方法の1つとして、アンプの電源ランプが付いてるかを見れば良いのですが、

春畑さんが使っている(最近は使わない事もある)アンプは、電源を入れるとネオンが光るというもので、

完全に真っ暗な状態で演奏しているのを見てしまうと、むなしい気持ちになります。

番組の演出でセットはキラキラ派手なのに、アンプは消灯。

『いや、電源ぐらい入れろよ、バカなの。』

いつも1人でつぶやいているんです…

ちなみにこのアンプです。(上と下、一目瞭然です。)
!B6L8F,QEGk~$(KGrHqZ,!iwEyddbB+YmBMwhQQpOeg~~_1
$(KGrHqQOKpUE1qkdgrODBNerqNBiLg~~_1


当て振りの見分け方として最も分かり易いのは、マイクが設置されているか。

アンプの前やドラムに、マイクが確認できない場合は当て振りです。

その他楽器にも、同じ事がいえます。

ストリングス・セクションやホーン・セクションを用意しておいて、当て振りとかどうゆう演出だよ!


長くなりましたが、当て振りしてる側が悪いわけじゃ無い事、

当て振りの全てが悪い事ではなく理由がある事、この2つは覚えて覚えておいて下さい。


最後に1つ。

MステでのB’z『Brotherhood』生放送での生演奏、

普段の当て振り、他のアーティストの当て振り及び口パクがあるから、

『キタキタ~!!!』

みたいな感じがたまらんかったのです。

期待してなかったからこその驚きと喜び、

そして周りと一線を画す、圧倒的な存在感とサウンド。

嘘偽りの無い、力強い生演奏をライブで届けてくる。

今のテレビでこれを出来るのはスゴイ!

10~20年後あんなかっこいい、おじ様になれるかしら?

多分ムリorz...

テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。