1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

B’zの楽曲分析、解説を中心にしたブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: 用語説明

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

バッキングの…続き
先日の続きです。


『8分音符で刻むパターン』

『DIVE』Bメロ、『パルス』A,Bメロ他、『ZERO』Aメロ、ソロ等

ロックにおいては当たり前すぎる定番パターンです。

ルート音をミュートし刻むだけのパターン、それプラスコードをからめたモノなど色々です。

8分音符に限らず16分音符や、その他リズム、休符、パートごとの重ね方で様々なヴァリエーションがあります。

先日紹介した、動きのあるパターンの中には色んな要素が入ってるので、

このパターンが基本となってるモノもありますんで、ご了承を。


『白玉』

『LOVE PHANTOM』サビ、『SPLASH!』サビ、『衝動』サビ」、『MAGIC』Aメロ等

しろたま、もしくは、しろだまと呼ぶ。
(しらたまと呼んではいけない。あんこをつけてもいけない。)

全音符、2分音符などの長い音符のこと。

おたまじゃくし♪が白い玉оなので、そんな名前。
(正式な音楽用語では無いらしい。)

B'zの楽曲の中ではかなりの頻度で登場します。

コードをジャーンと1発弾いて、次のコードでまた1発弾くだけ。

伸ばし放題w

『そんなダレでも出来る事、手ぇぬいとんのか!』

とか言ってはいけません。

なぜ?と松本さん本人に聞くと、


『それが良いと思ったんじゃない。』


シンプルなお答えです。

でも確かに、かっこいいんです。


知識やテクニックを持つと、どうしても音を詰め込みたくなるところが、人にはあったりします。

それ故、音がごちゃごちゃしたり、アンサンブルが最悪だったり…
(ダレとは言わんけど。)

ベースとドラムが軽快なグルーヴをつくり、ギターで世界を広げ、その上で痛快に歌が伸びる。

個人的にはそうゆうイメージw

ライヴで演奏中に右手を上げてたなら、『TAK白玉だ。』 とか思っちゃってくださいw


・その他

『リズム系』
『Fly The Flag』、『Time Flies』等
コードに休符を交えるなど、カッチリ構築されたパターン。
(名前は適当です。)

『シングルノート(低音)』
『儚いダイヤモンド』Aメロ、『白い火花』Aメロ等
5、6弦を使った、休符を交えた動きのある単音パターン。
スティーヴ ルカサー(ex.TOTO)辺りの影響を感じる。
(上に同じ。)

『変り種』
『BLACK AND WHITE』Aメロ、『GO☆FIGHT☆WIN』Aメロ
ワウをかましつつ、歌にあわせて弾く。
バッキングと言うかリードに近い。


他にも、ミュートアルペジオ、アルペジオハモリ、ディレイ、シーケンス、

開放弦を使ったプリング、ブラッシング等…


馬鹿の一つ覚えみたいにコードを弾いてる若人が多い中、

楽曲の最善をを模索する姿勢がうかがえます。



~(最後の方、やっつけですみません。しかも前回とかぶった。)

テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。