1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

B’zの楽曲分析、解説を中心にしたブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

Category: ざれごと

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

好きな曲は?
『こんなブログ作ってみたらどうだ!』 と思ったのが2週間前の事です。

今のところ、ダレ得なブログになっておりますが…


B'zについて書くに当たって、ネット上を色々と徘徊し、

どんなサイトがあるのかなと、見るようにもなりなした。

その中で強く感じたのが、人それぞれの好みの違い、感じ方、考え方の違いです。


ULTRA Treasure の投票でも、

『納得!』 

『これ入るんだ。』 

『この曲40位以内にも入らないの?』  

そんな思いの方もいたんじゃないかと。


あくまで、個人の好みで書かせていただけば、

最近の曲やHR(ハードロック)色の強いモノが少ないことが寂しく感じたりもしました。

ただ、捨て曲の無いB'zにとって、1曲1曲はもちろん好きです。



B'zファンの多くは、LED ZEPPELIN や Michael Schenker を聴いた事すら無いかも。

それが悪いわけではモチロンありません。


ただ、ゴリゴリのハードロックや、

明らかに狙ってクラシックロックの要素を取り入れたもの、
(パクリ言ってる人は無知。ニヤリとするトコだったりする。) 

そうゆう音楽は、一部の人だけが聴くモノになってる部分が強いので、

むしろ、今の草食化した日本のヒットチャートに

本格的ロックが堂々と1位を獲っている事が、純粋にうれしいし、痛快です。

テレビからB'zが流れてきてガラッと世界が変わるのも心地よい。(それは僕だけかも…)



ハードロックファンから支持があり、演奏家やプロにも楽しめる音楽。

そういったモノは、一般受けしないのだけど、

キャッチーかつメロを大切にし、歌として聴けるロック、

両者を上手く融合させた音楽が、万人に受けたのかもしれません。

いろんな感性の人が、それ故多いんだろうと思う。



何より2人が、今数多いニセモノミュージシャンでは無く、

確固たる自分だけの個性を持った本物だということ。

そんな2人が紳士かつ真摯に、音楽に取り組む姿勢が、

多くの人に好まれる音楽が生まれ続ける理由かもしれません。

(今回、エラそうに語ってしまった… なんかスミマセン。 )



テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。