1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

B’zの楽曲分析、解説を中心にしたブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16

Category: 楽曲解説

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Calling(8)
Calling 8回目。
今回がラストです。


全体の進行おさらい
Riff→CⅠ→A→B→CⅡ→Solo→A→CⅡ→Riff→CⅠ


前回ソロ部分まで書きましたので、その続きから。

ソロ後半4小節キーがAm、3,4小節目F→Gで進行。

次のAメロ頭、Amに行きたい性質を利用しつつ、ここでAmでなくA(メジャー)に進行。

同主調転調です。


そして注目は、2番目Aメロ、キーが1番より全音上がっています。

1番では、AメロのキーがG、サビのキーがAだったため、つなぎとなるBメロが必要でしたが、

今回は、AメロのキーがすでにA(サビと同じ)なので、直接サビに向かっても違和感がありません。

1番16小節に対し、2番8小節なのも、くどくなくてちょうど良い感じです。

1番と違い直接サビへ向かうので最後につなぎのOnコードが入ってますが、もう説明不要かと。


サビは前のサビと比べ8小節から16小節へ。

演奏を除けば、進行は基本いっしょです。

8小節目 『あざやかに~』 の部分、パターンのOnコードが入るくらいです。

メインヴォーカルに、 『コーリーン~』 の3声コーラスが重なりサビは終わり、

テンポアップ!

ふりだしへ戻ります。


リフ(Riff)4小節→サビ(C1)28小節あたりでフェードアウト。
(こちらも最初と基本進行は一緒なので省略します。)

ヴォーカル、ギターの掛け合いが印象的でロックな感じだが、ワンパートずつ見てくとしんどいので簡略。

リードギターにもいろんなパターン、奏法、見せ方があるんだな~と思ってもらえれば完璧です。



・まとめ

説明、省きましたが、ヴォーカル、ギターのみならず、ベースやストリングス等、聞き処満載の名曲だとおもいます。

これまでの説明はあくまでほんの一部の個人の主観だと思ってください。

難しい事抜きに、『これ好き。』 が一番大事だと思うんで。
聞いて、楽しめたらオールOKです。生きてるだけで、まるもうけです。

Calling解説、ここまで。




口上と違い、文章にする不慣れさプラス、
B'zの中でも複雑な進行の曲を最初に選び少々後悔しましたが、なんとか書ききったかと…

正直、伝えたかった事ほとんど書けなかったし、しかも、読む人を選ぶ内容になってしまいました。

これからは音楽知識の無いB'zファンの皆様にも分かりやすい解説、情報を書いて行ける様、

模索していきたいと思います。


よろしくおねがいします。


テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。