1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

B’zの楽曲分析、解説を中心にしたブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

Category: 楽曲解説

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Calling(4)
Calling 4回目。
今回は、Aメロ~です。

前回、まとめました下記の進行の、の部分(1′09~)からスタートです。 
Riff→CⅠ→A→B→CⅡ→Solo→A→CⅡ→Riff→CⅠ


1回目Aメロ全16小節中、
まず最初の8小節から。

あっという間~
|Gadd9|D/F#|Em D|CM7|Gadd9|Bm7|CM7 Bm7|Em|
(厳密には、ピアノの9thや、メロディー中のノートで、多少コード(解釈)が変わります。ご了承を。)

転調し、key=G テンポも下がっています。

ロック調で始まった、この楽曲も、
Aメロに入り、バラードらしい歌+ピアノのみの演奏になります。

ここで、前回、紹介したOnコードが 登場します。
2小節目、Dのベース音をF# にすることで、

ベースラインが、G→F#→E→D→C の用に、スムーズに下行してくのが分かると思います。

この様に、きれいに下行してくことで、気持ちよく次の進行に向かって行く効果を生み出しています。



続いて、後半8小節。

何かが~
|Gadd9|D/F#|Em D|CM7|Am|Bm7|CM7 D|Em|

ここでベース、ドラム、ストリングスが加わります。


そして、今回のコード進行、後半4小節に注目です!

前半4小節は同じ。と言うか、Aメロは同じ事(8小節)を、繰り返してるだけだと思っていたかと…

すでに気づかれたかと思いますが、

前半はきれいに下行し(ソファ#ミレド)、後半はきれいに上行(ラシドレミ)。


Aメロ前半8小節の、繰り返しで行けるところを、あえて変化をつける。


より良いもの、より心地よい進行、メロディーを常に考える姿勢やこだわりを感じます。
(ここだけで無く、多くの曲の多くの場所に見られるので、あえて書かせてもらいました。)



Bメロに続く。



テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。